「彼女とのセックスは自信がないけど、オナニーはできるから!俺は勃起不全(ED)じゃない!」と、一人の男性が言いました。あなたはこの男性の言い分をどう思いますか?本当の勃起不全(ED)の意味を理解していますか?

勃起不全改善のED治療薬は健康保険が適用できない?

男性が抱える悩みの中でも、非常に深刻な悩みである勃起不全は、精力剤などで改善することができなかった場合には専門クリニックでED治療薬を処方してもらうことも可能です。

ED治療薬の中でも有名なのはバイアグラやレビトラ、シアリスなどがあります。

精力剤などがドラッグストアで気軽に購入できるのに対し、ED治療薬は医師による処方か絵画から個人輸入するしか選択がなく、価格が異様に安かったりする場合には偽物である可能性も高いので、ネット通販で購入するのは一度病院での処方に慣れてから行うようにするのが良いでしょう。

ただ、ED治療薬であるバイアグラなどはペニスの海綿体に直接作用するため性的興奮が得られたり勢力が増強するわけではありません。

また、バイアグラやレビトラは服用のタイミングや効果的に作用させるために空腹で飲む必要があるなど制約がありますが、シアリスは空腹時に飲む必要はなく食事に影響されないのと、じわじわと長時間の作用があるので薬効が切れる前に射精しなければならないなどの焦りやプレッシャーを感じなくて自然体でセックスできるのが特徴です。

勃起不全に有効とされるED治療薬は、実は健康保険の適用ができません。
そのため自由診療となるので処方を受ける病院の料金設定によっても価格は異なってきます。

なぜ保険適用ができないのかという理由として、ED治療薬は一時的な治療であり、病気の根本から治す治療ではないのと、あくまで生活改善の向上を目的とした薬であるために健康保険適用外となっています。

しかし、G7の中でもED治療薬が勃起不全の保険適用として認められていないのは日本だけですが、勃起不全で悩む男性の数も年々増えてきていますので、いずれ日本でも健康保険の適用が可能になる日もそう遠くないのではないでしょうか。