「彼女とのセックスは自信がないけど、オナニーはできるから!俺は勃起不全(ED)じゃない!」と、一人の男性が言いました。あなたはこの男性の言い分をどう思いますか?本当の勃起不全(ED)の意味を理解していますか?

糖尿病のリスクとED治療薬は分割しても効果が出ます

糖尿病は日本人が抱えやすいリスクです。
健康な方でも、食事面の偏りによって糖尿病になります。
脂っこい料理が好きな方、甘いお菓子やジャンクフード、スイーツが大好きな男性陣も要警戒です。
また現実的な問題として糖尿病は遺伝子によって、なりやすい方となりにくい方がいます。

そのため、遺伝的になりやすい人々は加齢や食生活、ストレスの軽い影響で糖尿病になってしまうのです。
家系的に肥満や糖尿病の方々が多い方は残念ですが、自分自身もそのリスク要因を強く持っていると自覚しなければいけません。
また糖尿病はそれ自体も怖い病気ですが、男性の場合、血圧の状態が変化する事により勃起不全を併発させます。
勃起不全と糖尿病は因果関係が既に色濃く認められています。

糖尿病にも程度があり、深刻な状態であれば、勃起不全よりも元々の病気治療に専念しましょう。
しかし、軽度なものやあるいはその予備軍程度なら勃起不全の治療を並行して進められます。
具体的には勃起不全の治療薬の摂取が勧められます。

勃起不全のカウンセリングが出来る医院に相談すれば、ED治療薬が処方されますので、個人宅でもお薬を服用するだけで厄介な下半身の困り事が改善出来ます。
医師が処方する勃起不全のお薬は即効性がありますので、体調や年齢によっては分割的に摂取しましょう。
特に40代以下の若い男性は分割したお薬半錠でも勃起不全を改善出来ます。

分割したED治療薬は紛失しないように丁寧に保管しましょう。
医薬品はシートに収納された状態だと2年、3年はゆうに保存可能です。
しかし、開封し、更に分割までしたED治療薬はすぐに傷んでしまいますので、分割した物は早めに消費しなければいけません。